異世界誕生 2007

小說
異世界誕生 2007
出版社

講談社

發售日

2019-11-01

頁數

264

ISBN

9784065180907

作者

伊藤ヒロ

插圖

やすも

簡介

「あなたの胸の中にあるものでも、曬すと人の心を打てますか?」2007年、一人の少女と、一人のニートが旅立とうとしていた。“物語”は、果たして人を救えるのか?2007年、夏。中學一年の嶋田チカは、幼馴染の藤岡キョウヤから、長らく入院していた妹のハルナが帰ってきたので會ってほしいと頼まれる。ハルナは痩せ細り、とても健康そうには見えない。彼女の懇願を受け、チカは前年母が書いた「タカシの冒険」の內容を語って聞かせる。大喜びのハルナに続きが聞きたいとせがまれ困惑するチカに、キョウヤはそっと告げる。「ハルナは、もうすぐ死ぬ」。同じ頃、引きこもりでニートの作家志望の青年・西藤リクは、世界と自分を憎み、絶望して、二ヵ月後に自殺することを決意していた。“物語”に迷い込む中學生とヒキニート。暴かれる、一人の騎士の真実。ネットを介して命と想いが繋がる時、異世界の扉が再び開く。

相關

書籍

相同世界觀

異世界誕生 2006
2019年08月30日