永野護

製作人
漫畫家
永野護
別名
日文名: 永野護
純假名: ながの まもる
羅馬字: Nagano Mamoru
性別
生日
1960年1月21日
twitter
@naganomamoru

簡介

日本のメカニックデザイナー、キャラクターデザイナー、漫畫家。

京都府舞鶴市出身。拓殖大學中退後、アニメ製作會社サンライズに入社。1984年放送のテレビアニメ『重戦機エルガイム』のデザイナーに抜擢されて注目を集め、以後アニメ・マンガ等のメカデザインを中心に活躍している。代表作に漫畫作品『ファイブスター物語』(FSS)など。現在[いつ?]、株式會社EDIT代表取締役。

1983年にサンライズに入社。リアルロボットアニメ製作に參加し、いくつかの作品でゲストメカデザイン(ロボットまたは通常の兵器)を擔當する。その後『機動戦士ガンダム』シリーズの監督として著名な富野由悠季による新作アニメのデザインコンペに出したロボットのデザイン畫が富野の目にとまり、1984年放送のテレビアニメ『重戦機エルガイム』においてメインデザイナーとして抜擢される。

『ヘビー・メタル』と作中で呼稱される『エルガイム』のロボットデザインは、それまでのリアルロボットアニメのデザインとは一線を畫した斬新なものであった。それまでのリアルロボットアニメは“リアル”と銘打ってはいても、本物の兵器らしく見えるデザイン要素(リベットやパネルラインなど)を記號的に人型ロボットのデザインに當てはめた感じのデザインに過ぎなかった。だが『エルガイム』のデザインは、『ムーバブルフレーム』と呼ばれる內部骨格をロボットの內部に想定し、その上に各ロボットの外部裝甲を重ねてゆくという発想でデザインがなされたものだった。